06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
クラス(Crass)はイギリスのパンク・ロック・バンド。

      
      crass.jpg



1977年から1984年にかけて活動。1977年のロンドン・パンク・ムーブメントのあと、新たに勃興したハードコア・パンクの代表的なバンドである。活動を始めてすぐに左翼と右翼の双方から仲間になって欲しいと求められたが、彼らは「左翼でも右翼でもなく、アナーキストである」と第3の立場を打ち出したため、両翼から少なくとも敵と見なされることを免れた。

サッチャー政権下のイギリスにおいて、アナーキズム、反戦、反核、フェミニズム、動物愛護、環境保護などについての強力なメッセージを発信しつづけた。

パフォーマンス・アーティストとして活動していた元ヒッピーのペニー・ランボー(ドラムス、作詞)と、彼より20歳も若いパンクスのスティーブ・イグノーラント(ボーカル、作詞)が1977年に出会うことによって生まれた。ふたりはランボーが持つコミューン(共同体)で"So What?" と "Do They Owe Us A Living?"を録音し、共同生活を始めた。この「バンド」の噂を聞きつけ、続々とメンバーとその家族たちが集まった。最終的に、ここには12人の人間と20匹の猫が住んだ。

ファーストアルバム「The Feeding of the 5000」を、当時パンク・バンドの紹介に熱心だったマイナー・レーベルのスモール・ワンダー・レーベルからリリース。1曲目の「Asylum」の歌詞が問題となり、2分間の無音トラックとして収めることになった。この反省から、みずからのレコードレーベル「クラス・レコード」を立ち上げた。このレーベルでは、自分たちの作品のほか、後続バンドのポイズン・ガールズ、ザ・モブ、ザウンズ、コンフリクト、キャプテン・センシブル(元ダムド)、ククル(ビョークが在籍)ら、100近いバンドを紹介している。
スポンサーサイト

1977.01.01 
Crucifix(クルシフィクス)は79年末に前身バンドが始まった、メンバーの平均年齢15歳のUKパンク/ハードコア・スタイルのバンド。



      Crucifix(クルシフィクス)は79年末に前身バンドが始まった、メンバーの平均年齢15歳のUKパンク/ハードコア・スタイルのバンド




90年代に入るとそれほど珍しくはなくなったが、80年代前半のサンフランシスコ、いやアメリカでは、いわゆるポリティカルなUKパンク/ハードコア・スタイルのバンドはレアだった。クルーシフィックスはその先駆者と言える。前身バンドが79年末に始まり、まもなくバンド名がクルーシフィックスとなる。当時、メンバーの平均年齢はまだ15歳程度だった。そして81年にミニ・アルバム的な『Crucifix』を発表。翌年には、自分たちのレーベルのからEP『Nineteen Eighty-Four』を出し、自分たちでブッキングしてアメリカ・ツアーを敢行。そして、の流れのから、84年に1stフル・アルバム『Dehumanization』をリリース。発売に伴い、アメリカ、カナダ、ヨーロッパをツアーするが、同年7月に解散してしまう。短期間を全力で駆け抜けたクルーシフィックスであったが、音楽的にもものすごいスピードで進化していった。初期のサウンドは、クラスやフラックス・オブ・ピンク・インディアンズのような、ミッド・テンポのアナーコ・パンクだった。それからガンガン加速し、不朽の名作の『Dehumanization』で極まったのだ。それに伴い歌詞は言葉数が多くなったのだが、その内容は一貫して、世界的な規模で見た政治について触れ、不条理で危機的な状況に触発された内容だった。解散後、アジア系と思しきヴォーカルのソシラはプラウドフレッシュというバンドで歌っていた。サウンドはハード・ロックに近かったが、歌に向かう意識は変わってなかったようだ。また、クルーシフィックスの影響は大きい。84年のツアーでは当時、沈滞気味だったUKシーンを鼓舞。また、日本のハードコア・パンクの音への影響も大きそうだし、90年代のアメリカのポリティカルなバンドもインスパイアしたはずである。

1979.01.01 
アグノスティック・フロント (Agnostic Front) は、1982年にアメリカのニューヨークで結成されたハードコア・パンク・バンドであり、1980年代のニューヨーク・ハードコア・シーンに多大な影響を及ぼした。


           album_agnostic-front_01.jpg





1982年にギタリストのヴィニー・スティグマを中心に結成され、1983年にシングル『United Blood』でデビュー。 1984年には1stアルバム『Victim in Pain』をリリース、後にニューヨーク・ハードコア・スタイルと呼ばれる音楽スタイルを確立する。

1986年に2ndアルバム『Cause for Alarm』、1987年に3rdアルバム『Liberty and Justice for...』を発表した後、ボーカリストのロジャー・ミレットがドラッグ密売で逮捕され、一時活動停止状態となる。 1992年に『One Voice』をリリースし活動を再開するものの、1993年に一旦解散する。

1996年に再結成し、エピタフレコードと契約。1998年に『サムシングス・ガッタ・ギヴ - Something's Gotta Give - 』、1999年に『ライオット、ライオット、アップスタート - Riot, Riot, Upstart - 』をリリースするなど、精力的に活動を行っている。

2006年3月にはDVD『Live at CBGB』をリリースした。

READ MORE▼

1982.01.01 
アット・ザ・ドライヴイン (At The Drive-In, 略称ATDI) は、アメリカ合衆国テキサス州出身のロックバンド。ポスト・ハードコアにカテゴライズされることが多い。 バンド名の由来は、ポイズンの「Talk Dirty To Me」という曲の歌詞から取っている。


         At_The_Drive_In_-_Vaya-front.jpg




1994年、メキシコとの国境沿いにある町エル・パソにて結成される。
11月に自主レーベルのウェスタン・ブリード・レコーズからEP『Hell Paso』をリリース。
1995年6月にEP『Alfaro Vive, Carajo!』をウェスタン・ブリード・レコーズよりリリース。
1997年、1stアルバム『Acrobatic Tenement』をフリップサイド・レコーズよりリリース。
9月にEP『El Gran Orgo』をオフタイム・レコーズよりリリース。
1998年8月に2ndアルバム『In/Casino/Out』をフィアレス・レコーズよりリリース。
1999年EP『Vaya』をフィアレス・レコーズよりリリース。
2000年に大手のグランド・ロイヤルと契約、先行シングルカットされた「ワン・アームド・シザー - One Armed Scissor - 」で人気が急上昇する。
9月に、メジャーデビュー・アルバム『リレーションシップ・オブ・コマンド - Relationship Of Command - 』をリリース。リンプ・ビズキットやスリップノットなどのバンドを発掘したプロデューサーのロス・ロビンソンがサポートした事や、イギー・ポップがゲスト参加した事で注目を集める。
2001年3月に、『メンバー間の音楽性の違い』から突然の無期限活動休止を発表し、事実上の解散となった。
その後、セドリックとオマーはマーズ・ヴォルタを結成し、ジム、ポール、トニーはスパルタを結成する。ポールは2005年にスパルタを脱退し、マーズ・ヴォルタに移籍している。

1994.01.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。