12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ザ・クラッシュ(The Clash)は、1976年 - 1986年にかけて活動した、イギリス・ロンドン出身のパンク・ロックバンドである。セックス・ピストルズと並び称されるロンドン・パンクの雄でありながら、ステレオタイプのパンク・ロックの枠にとらわれず、レゲエやダブなどの音楽的要素を貪欲に吸収し、独自の個性を確立してシーンに大きな影響を与えた。

       clash_front.jpg
   




最も成功したパンクバンドの一つであり、また、時代を象徴するロックバンドでもある。1stアルバムは音楽的にパンク色の強いものであったが、徐々にレゲエやダブ、ロカビリー、ジャズ、スカといった様々な音楽の要素を取り入れ、3rd『ロンドン・コーリング』を代表とするいわゆる普通のパンクサウンドとはかけ離れた、幅広い音楽性を持った傑作を生み出した。また、ステージ上での激しいパフォーマンスも人々に記憶されている。

彼らはその活動当初から、音楽の才能と歌詞で他のパンク・ロックバンドとは一線を画す存在であった。特にジョー・ストラマーとミック・ジョーンズによって書かれた歌詞は、情熱的かつ左翼的政治主張を強く意識した非常に主張性、論旨性の強いものであった。

彼らはデビュー当時から早くもその発言、ファッションをセンセーショナルに受け止められたバンドではあったが、セックス・ピストルズには業界人マルコム・マクラーレンを中心とした、いわば「作為的なムーブメントバックアップ」が大きくついていたのに対し、クラッシュにはそれほどの後ろ盾が無く、初期は金銭面でのやりくりに苦労した(ジャケットやシューズなどの衣装が買えず、自分たちで自作していたほどだったとジョー・ストラマーは自伝で語っている)。中心人物のジョー・ストラマーは労働階級出身者の多いパンクバンドのメンバー中では珍しい中産階級出身ではあるが(父親は外交官)、後ろ盾が希薄なバンド発足時は切り詰めた生活を送っていた(クラッシュにもバーニー・ローズという代表的マネージャーは存在)。

その後、クラッシュは音楽性の幅を広げ、他のパンクバンドとは一線を画した作品をリリースすることになる。3rd『ロンドン・コーリング』は今までパンクをこき下ろしてきた英の音楽批評誌にも絶賛され、4thには三枚組の意欲作『サンディニスタ!』を発表。本国だけではなく米でも次代を担うバンドの一つとしての評価を確立する。

しかし、徐々にメンバー間に不協和が生まれ、まずドラマーのトッパー・ヒードンが、さらにはリード・ギタリストのミック・ジョーンズがグループをクビになってしまう。 ジョー・ストラマーとポール・シムノンは新メンバー3人を迎えた新体制で再出発を図るが、発表したアルバム『カット・ザ・クラップ』はメディア、ファン両者の支持を得られず、結局バンドは解散する。

ジョー・ストラマーはソロとして活動したが、2002年12月22日にサマセット州ブルームフィールドにある自宅で心臓発作で死去。

クラッシュはパンク、ロックを越えた社会運動を作り出した。ロンドンでは英連邦に所属した地域のマイノリティが貧困の中に生活していた。ジャマイカからの移民もマイノリティの一つとしてロンドン市内にコミュニティを形成していた。

不況、失業、社会の不平等を音楽を通じて表現していたクラッシュは、日曜ごとに集まるカリブ系移民のコミュニティに呼応し、しばしば活動をともにした。この活動がレゲエに傾倒していくきっかけになった。労働組合活動、学生運動とともに民族的マイノリティの活動は警察権力からの弾圧を受けることがあり、クラッシュも弾圧の現場に弱者の立場としてかかわっており、このことがクラッシュの国家との対決姿勢を色濃くさせている。ロックという表現が社会の変革にあるならば、クラッシュの目指したものはそこだったと言えるだろう。

彼らの代表曲のひとつである「アイ・フォート・ザ・ロウ」(オリジナルは、アメリカの伝説的なロックンローラーであるバディ・ホリーのバックバンドをつとめたクリケッツに在籍していた、ソニー・カーティス。同曲はクラッシュ以外にも様々なアーティストがカバーしている。アメリカのロック・バンド、ボビー・フラー・フォーが60年代にヒットさせたヴァージョンは特に有名)は、2003年まで日産・エクストレイルのCM曲として使われており、日本でも知名度が高い。ただし、その歌詞は「俺は法と戦った。そして(俺は負け)法が勝ったのさ」といった内容で、彼らの姿勢が端的にあらわれていると言える。
スポンサーサイト

1976.01.01 
ブラック・フラッグ (BLACK FLAG) は1976年、南カリフォルニアで結成されたハードコア・パンク・バンド。 Black Flag(黒旗)はアナーキストの象徴。


      a02-BlackFlagFri13th.jpg




メンバーの入れ替わりが激しく、結成から解散までバンドに在籍していたのは、リーダーでギタリストのグレッグ・ギンだけだった。

1981年にブラック・フラッグのファンでもあった、ワシントンD.C.出身のS.O.A(ステイト・オブ・アラート)のVoヘンリー・ロリンズがボーカリストとしてバンドに加入(ロリンズ加入までボーカリストは3回交代しており、その中には後にサークル・ジャークスに参加したキース・モリスがいる)。ロリンズの参加は、東海岸でもブラック・フラッグの名前が知れ渡るきっかけになり、バンドはその頃から活動を活発にしてゆき、ツアーをこなしながら次々とレコードをリリースする。1986年に解散。ロリンズは後にロリンズ・バンドを結成する。

ロリンズの他にも、後期に参加した女性ベーシストキラ・ロゼラー、前期・中期に参加したベーシストチャック・ドゥコウスキーなどが、定評あるメンバーとして知られる。

レコードの多くはギンが設立したインディー・レーベル「SST Records」を通してリリースされた。SSTはブラック・フラッグの作品以外にもミート・パペッツ、ミニットメン、ハスカー・ドゥー、バッドブレインズ、ソニック・ユース、ダイナソーJr.、サウンドガーデンなど、ハードコアや初期オルタナの音源がリリースされており、80年代のアメリカを代表するインディー・レーベルとなった。

なお、『SST』とは『SOLID STATE TUNER』の略である。この名称は、アマチュア無線の愛好家でもあったギンが、ラジオ部品を販売するために設立した会社であったことを示している。この事業でもギンは相応の成功を収めたという。

アメリカ、特にウェストコーストのハードコアシーンに与えた影響は大きく、USハードコアの創始者ともいえる。ただし、一般的なハードコアと違い、ブラック・フラッグの音楽は必ずしもスピードに重きをおかない。また、ブラック・サバスをはじめパンクロック以外の音楽からも影響を受けている。この傾向は特に、ロリンズ加入後(1980年代前半)の曲で顕著である。

READ MORE▼

1976.01.01 
セックス・ピストルズ (Sex Pistols) は、イギリスのパンク・ロックバンド。ロンドン・パンク・ムーブメントを代表するバンドである。ロックが本来持つ反社会性を甦らせ、現在に至るパンク・ロックの原形と目されている。ザ・クラッシュ、バズコックス、ジョイ・ディビジョンらは彼らに感化を受けてバンド活動を始めた。

      Sex_Pistols.jpg


1976年11月 - 結成
1977年10月 - ファーストアルバム『Never Mind the Bollocks』を発売。
1978年1月14日 - 初のアメリカツアーの最中(サンフランシスコ、ウインターランド公演後)に、ジョニー・ロットンがバンドを脱退。実質上の解散となる。
その後スティーブ・ジョーンズとポール・クックは、イギリスの大列車強盗犯人であるロナルド・ビッグスや、ナチスの戦犯で絞首刑の判決を受けたが1972年まで死体が見つからなかったため南米逃亡説のあるマルチン・ボルマン(これは本人かどうかも不明だが、映画『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』でもナチスの制服を着用した男が登場している)とのコラボレーションを行い、おふざけ半分でピストルズを延命させた。マルコムは、嫌がるシド・ヴィシャスに、フランク・シナトラの「My Way」(替え歌)をレコーディングさせ、レコード発売もおこなっている。その後シドは恋人であったナンシー・スパンゲンを刺殺した容疑をかけられたまま麻薬の大量摂取が原因で他界。結果的にはシドの代表的ナンバーとなった。

1996年には、ベースにグレン・マトロックを復帰させ再結成、世界ツアーを行い、来日した。海外の有名アーティストとしては異例の一ヶ月間かけた全国18公演を行っている。

2002年夏に二回目の再結成、イギリスとアメリカで2公演を行い、2003年夏にはアメリカツアーを行う。2007年11月に四回目の再結成を行い、ワールドツアーを展開。2008年、サマーソニックに出演。

READ MORE▼

1976.01.01 
ザ・ダムド (The Damned) は、1976年に結成されたイギリスのパンク・ロック・バンドである。セックス・ピストルズ、ザ・クラッシュと並んで3大パンク(バンド)のひとつに数えられている。



  damned2.jpg


1976年、最初にシングル、およびアルバムをリリースしたロンドンパンクのバンドである。ただし、社会的批判・主張から生まれたパンク・ムーブメントの中にあって、彼らはパンクを楽しんでいた様子で、クラッシュやストラングラーズに代表される政治的・社会的な主張はあまり盛り込まれていない。しかし、その圧倒的なスピード感と激しさと轟音(当時の中で)による強烈なビート・サウンドは後に登場するハードコア・パンクに大きな影響を与えた。そういう意味では、パンクのサウンド面において大きな役割を果たしたと言えよう。

現在もデイブ・ヴァニアンとキャプテン・センシブルは活動を継続しており、コンスタントにライブを行い、2008年11月には新作も発表している。

READ MORE▼

1976.01.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。