12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
LAUGHIN' NOSE(ラフィン・ノーズ)は、日本のパンクバンド。


jishu18.jpg



1981年12月、大阪で結成。日本に確たるハードコアパンクシーンが形成される以前から、その中心的バンドとして活動していた。バンド名の名付け親は初代ギタリストのアカベー。当初のカナ表記は「ラフィー・ノーズ」であった。

轟音、粗暴、ノイジーなハードコアパンク界にあって、いち早くポップセンスを取り込み、その単純明快な楽曲は全国の少年少女の絶大な支持を得た。メジャーデビュー前である80年代前半から、THE WILLARD、有頂天と並び、『インディーズ御三家』といわれる程の人気を博した。この『インディーズ御三家』という名称こそが、現在日本語として『インディーズ』という単語が浸透するきっかけとなっている。また自分達でレーベル(レコード会社)『AAレコード』を設立し、そこから音源を発売していた。海外のパンクバンドでは定石となっていた手法ではあるが、当時の日本では珍しいものであった。

1985年4月28日、新宿スタジオアルタ前にて自分たちの作品が収められたソノシート(聖者が街にやってくる)を事前に無料配布告知したところファンおよそ1300人が集まり、全国ニュースでも取り上げられ話題となる。また、メジャーデビュー1か月前の10月26日、日比谷野外音楽堂でのライブで4000人を超えるファンを動員した。同年11月21日、VAPよりメジャーデビュー。

だが、順調な活動を続けていたさなかの1987年4月19日 日比谷野外音楽堂でのライブ中、ステージに詰め掛けたファンが将棋倒しになる事故が発生(死亡1人、負傷多数)。バンドは責任を取る形で一切の活動を停止する(当時アール・エフ・ラジオ日本で担当していた番組も降板し打ち切った)が、ファンの後押しにより活動を再開する。またこの時期に「VAP」から「東芝EMI」にレコード会社移籍。

しかしその後も、事故が原因で各地の会場から締め出しを食らったり、幾度かのメンバー脱退(PONとNAOKIはCOBRAに参加)、チャーミーのステージ上での怪我、新メンバーが不祥事を起こすなどの度重なるトラブルに見舞われ、1991年、アルバム発売後の全国ツアーを経て各地のイベント出演後にバンドは一旦解散。

1995年、PONの復帰をきっかけに活動を再開。1月8日、旧新宿ロフト(西新宿)で再始動ライブ(メンバーはCHARMY、AKIO、PON、WANG-TANG)を行い同時に自主レーベル『Letsrock・AAレコード』も復活させる。

2004年10月30日 17年ぶりに日比谷野外音楽堂でライブを行う。1987年事故当時のメンバー(NAOKI、MARU)もゲストとして参加した。

2007年9月24日 日比谷野外音楽堂のライブではメジャー時代に在籍したメンバー(NAOKI、MARU、BELLEY、WANG-TANG)がゲストとして参加。ラストの「GET THE GLORY」を当時のメンバー(CHARMY、KASUGA、PON、KYOYA)とともに演奏、「ラフィン・オールスターズ」とファンが一体となり大変な盛り上がりとなった。

現在も新曲の発売、グッズ販売、ライブツアー、イベント参加等、ライブハウスを中心に精力的な活動を続けている。

READ MORE▼

スポンサーサイト

1981.01.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。