12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ランシド (RANCID) は、1991年にアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー(通称イースト・ベイ)で結成されたパンク・ロック・バンドである。

        Rancid20-20Microphone20and20Mohaw.gif


1987年に、ティム・アームストロング、マット・フリーマンが中心となり、ランシドの前身バンドであるオペレーション・アイヴィーが結成される。パンク・ロック・シーンの聖地ともいわれるギルマン・ストリートで活動していたが、「あまりにも人気が出すぎてしまった」ために、わずか3年でバンドは解散してしまう。

目標を失ったティム・アームストロングは、アルコールとドラッグに溺れ、一時はホームレスにまで転落したが、故エリック・ホーガン(アメリカン・グラフィティー・タトゥー”TIME BOMB”は彼のことを歌っている)や、マット・フリーマンの助けで何とか立ち直る。その後、ダンス・ホール・クラッシャーズを経て、1991年に、当時ルームメイトであったブレット・リードとマット・フリーマンの3人により、ランシドが結成される。

1992年に、シングルEP『Rancid』をルックアウト・レコードよりリリース、翌1993年には、エピタフ・レコードと契約し、1stアルバム『ランシド - Rancid - 』をリリースする。このデビューアルバムに伴うUS・ヨーロッパツアー後に、元UKサブスのラーズ・フレデリクセンがギタリスト兼ボーカリストとして加入する。またこの年には、NOFXのファット・マイクが経営するファット・レック・コーズよりシングルEP『Radio Radio Radio』をリリースする。

1994年には、2ndアルバム『レッツ・ゴー - Let's Go - 』をリリースし、それに伴うワールドツアー後は多くのメジャー・レーベルからオファーが殺到するが、バンドはインディーズ・レーベルにとどまることを選択する。

1995年には、それまでレコーディングに1週間以上費やしたことのなかった彼らが、プロデューサーとしてグリーン・デイなどを手掛けたジェリー・フィンを、ミキサーとしてニルヴァーナ、ソニック・ユースなどを手掛けたアンディ・ウォーラスらを迎え、1ヶ月以上をかけて制作した3rdアルバム『…アンド・アウト・カム・ウルヴズ - ...And Out Come The Wolves - 』をリリース。シングルカットされた「タイム・ボム - Time Bomb - 」の大ヒット、ワールドツアーの成功などにより、このアルバムはアメリカや日本など各国でゴールドディスクを獲得する。

1998年にリリースされた4thアルバム『ライフ・ウォウント・ウエイト - Life Won't Wait - 』では、多彩なゲストを迎えてニューオーリンズやニューヨーク、ロサンゼルス、ジャマイカなどの各地をまわり、1年以上かけてレコーディングされた。このアルバムではレゲエやダブが積極的に取り入れられ、好評価を得た。

2000年には再度セルフタイトルを冠した5thアルバム『ランシドV - Rancid -』をリリース。このアルバム以降は、ティム・アームストロングが主宰するエピタフ・レコード内のレーベル『ヘルキャット・レコード』からリリースされることとなり、さらにマネージメントからも離れ、まさしくDIYによるアルバム制作を行っていくこととなる。その後ティム・アームストロングはトランスプランツ、ラーズ・フレデリクセンはラーズ・フレデリクセン・アンド・ザ・バスターズ、マット・フリーマンはデヴィルズ・ブリゲイドなど、各メンバーのソロプロジェクトを開始する。

そして、前作から約3年経った2003年に再びランシドとして復活した彼らは6thアルバム『インデストラクティブル - Indestructible - 』をリリースする。

2009年6月2日(日本6月3日)7thアルバム『レット・ザ・ドミノズ・フォール』をリリース。

READ MORE▼

スポンサーサイト

1991.01.01 
ペニーワイズ(Pennywise)はアメリカ合衆国のパンク・ロックバンド。ブラック・フラッグやサークル・ジャークス、マイナー・スレット、バッド・レリジョンなどに影響を受けたメンバーにより結成。社会への批判などメッセージ性の強い歌詞と、上記バンドからの影響の強い音楽性が特徴。

        pennywise.jpg


結成時のメンバーはジム・リンドバーグ、フレッチャー・ドラッグ、ジェイソン・サースク、バイロン・マクマキンの4人。1996年にジェイソンが脱退し、ランディ・ブラッドベリーがメンバーに加入した。詳細は後述のメンバーの節を参照のこと。

2007年、約10年間在籍していたエピタフ・レコードからMySpace Recordsに移籍。移籍前と変わらず、現在もエピタフ・レコードとの親交は深い。

1991.01.01 
ニルヴァーナ (Nirvana) はグランジを代表するアメリカのバンド。ジェネレーションXと呼ばれる世代の圧倒的な支持を受けた。ニルヴァーナは仏教用語で涅槃という意味である。

424535724.jpg



メンバーはカート・コバーン(Kurt Cobain ※カート・コベインが正しい読み)ボーカル・ギター、クリス・ノヴォセリック(Krist Novoselic)ベース、デイヴ・グロール(Dave Grohl)ドラムの3人。

1987年にニルヴァーナと名乗りシアトルを拠点として活動していたが、1994年4月5日、カート・コバーンが自宅で自殺したことで事実上の解散となる。メンバー全員(カート、クリス、デイヴ)の両親が離婚している事でも知られている。

メンバーの中でドラムはなかなか固定されず、結成時のドラマーはアーロン・バークハード(Aaron Burkhart, ドラム)であった。デイル・クローバー(Dale Crover, ドラム)は最初のデモテープ収録時のドラマーである。 デモの中の数曲(Floyd The Barber, Paper Cuts, そして後のリリースでは Downer)はニルヴァーナの最初のアルバムである『ブリーチ - BLEACH - 』に収録された。 インディーズ・レーベルであるサブ・ポップと契約を結んで作成されたこの最初のアルバム『ブリーチ - BLEACH - 』ではデイルとアーロンに代わりチャド・チャニング(Chad Channing, ドラム)が演奏している。収録の際には606ドル17セントのスタジオ代をジェイソン・エバーマン(Jason Everman, 2nd ギター)に肩代わりしてもらっている。ツアー中のトラブルのためツアー後、バンドはジェイソン・エバーマンを解雇し、更に秘密裏にドラムの代わりを探し始めた。

ゲフィン・レコードよりリリースされた2ndアルバム『ネヴァーマインド - NEVERMIND - 』はアルバム・チャート1位を記録、MTVではシングル「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット - Smells Like Teen Spirit - 」が繰り返し流され、バンドと当時のロックシーン両方の流れに大きな影響を与えた。幼児が水中を裸で泳ぎ、紙幣に釣られるという印象的なジャケットも特徴で、パロディや服のデザインとしての使用も多い。

カートのヘロイン中毒という問題を抱えていたバンドは一時活動麻痺の状態となり、1992年にコンピレーションアルバムである『インセスティサイド - Incesticide - 』を発表することとなった。続く1993年にはニューアルバム『イン・ユーテロ - IN UTERO - 』を発表している。予想された程の売れ行きではなかったがアメリカとイギリスのチャートのトップに輝くなど依然商業的な成功を収めた。

しかしながら、巨大な成功から来る重圧に耐えられなくなり次第にドラッグにのめりこんでいったカート・コバーンは、自殺未遂や奇行が目立つようになり、ついには1994年4月5日にシアトルの自宅にてショットガンで頭を撃ち抜き、自殺。グランジ・ブームは急速に終焉を迎える。

カートの死後ライブ版を含む何枚かのアルバムがリリースされている。 ニルヴァーナの音楽の所有権に関しては多くの論争があった。2人の残ったメンバーであるグロールとノボセリックおよび妻のコートニー・ラヴはレア音源やリリースされていない曲の発表に関する問題で激しく議論した。2002年10月29日に法廷で決着がつき、ヒット曲やカート生前最後のレコーディング音源である未発表曲「You Know You're Right」を含むアルバム『ニルヴァーナ - Nirvana - 』が発表された。

ニルヴァーナの解散後、デイブ・グロールはフー・ファイターズ (Foo Fighters) を結成し、今なお第一線で活躍している。一方、クリス・ノヴォセリックはスウィート75 (Sweet 75)、アイズ・アドリフト (Eyes Adrift) というバンドを結成したが、近年は政治・執筆活動に専念している。

1991.01.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。