09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
バッド・レリジョン (BAD RELIGION) は、1980年に結成されたパンク・ロックバンド。彼らは結成以来、常に世界情勢・戦争・貧富差・宗教などについて真正面に反対する歌詞を歌いつづけている。


        album-Bad-Religion-Tested.jpg


ペニーワイズやオフスプリングやNOFXなど、彼らに影響されたバンドは多い。彼らが西海岸パンク(スケーターパンクやサーフパンク)に与えた影響力は大きく、多くのフォロワーを生み出し続けている。

ネイティブでも辞書を引かないとわからないほどの難解な単語を多用する、知的な歌詞の為、レキシコン(辞書)パンクスとも呼ばれている。 歌詞はコーネル大学生物学博士号を取得しUCLAで生物学講師をしているグレッグ・グラフィンが、作曲はほぼグレッグ・グラフィンとブレット・ガーヴィッツが行っている(但し、ブレットは一時期バンドを脱退している期間があり、その期間はグレッグ・グラフィンが一人で作詞作曲を行っていた)。
1980年、ロスアンゼルスで同じ高校に通っていたグレッグ・グラフィン(vo)、ブレット・ガーヴィッツ(g)、ジェイ・ベントリー(b)、ジェイ・ジスクラウト(ds)によって結成。

1981年、デビューEP「Bad Religion」をリリース。 自らのレコードを発売するためにブレット・ガーヴィッツが中心となってレーベルエピタフを立ち上げる。 ドラマーがピート・ファインストーンに交代。

1982年、1stアルバム「How Could Hell Be Any Worse?」リリース。 いくつかのバンドにカバーされた初期の名曲「We Are Only Gonna Die」が収録され、また「PartIII」でサークル・ジャークスのギタリスト、グレッグ・ヘトソンがゲスト参加している。

1983年、2ndアルバム「Into The Unknown」リリ?ス。 ブレットがグレッグ・グラフィンへ誕生日プレゼントとして贈ったシンセサイザーを楽曲へ導入。このアルバムはバンドとしては意欲作であったが、まったく売れなかった。現在は廃盤となっている。サファー以前の作品は色々な形で再発や復刻がされたが、このアルバムは一切のリイシューがない。のちにグレッグ・グラフィンはこのアルバムの失敗がバッド・レリジョンがパンク・ロックを貫く事を決めた要因になった、と語っている。

この後ブレットがドラッグ、アルコール中毒で音楽活動が困難となり、またグラフィンがウィスコンシンへ移り住むため脱退、バンドは解散状態となる。

1984年、EP「Back To The Known」をリリース。LAに戻ってきたグラフィンとヘトソンが、ブレット不在のままバンドの再建を始め、今作をリリース。

1987年、ブレットがバンドに復帰。

1988年、3rdアルバム「Suffer」リリース。現代パンク・ロックの立役者となった。彼らの特徴であるコーラスワーク(oozin aahsと呼ばれている)、早い楽曲、哀愁のあるメロディーなどはこの頃完全に確立された。

1989年、4thアルバム「No Control」リリース。

1990年、5thアルバム「Against The Grain」リリース。

1992年、6thアルバム「Generator」リリース。ドラマーがボビー・シェイヤーに交代した。

1993年、7thアルバム「Recipe For Hate」リリース。代表曲「American Jesus」を収録した今作を最後にエピタフを離れ、メジャー・レーベルのアトランティック・レコードへ移籍。

1994年、8thアルバム「Stranger Than Fiction」をリリースしたが、エピタフ社長も兼任しているブレット・ガーヴィッツは大きくなって行くレーベルの社長業務専念を理由に脱退している。 後任にブライアン・ベイカーが加入。

1996年、9thアルバム「The Gray Race」リリース。プロデューサーに元ザ・カーズのリック・オケイセックを起用。

1998年、10thアルバム「No Substance」リリース。

2000年、11thアルバム「The New America」リリース。トッド・ラングレンをプロデューサーに迎えた。

2002年、12thアルバム「The Process Of Belief」リリース。今作からエピタフに復帰すると同時にブレット・ガーヴィッツもバンドに電撃復帰。この二つの復帰はファンに大きな衝撃を与えた。また肩の腱鞘炎悪化によるボビー・シェイヤーの脱退、ブルックス・ワッカーマンの移籍加入も同時に発表された。ちなみにエピタフは現在における大規模のパンク・ロックレーベルでNOFXやオフスプリングを輩出、ランシド、ペニーワイズなどが在籍している。また、ディセンディンツなどのバッドレリジョンに並ぶパンクレジェンドも在籍している。

2004年、13thアルバム「The Empire Strikes First」リリース。

2006年、ライブDVD「Live At The Palladium」リリース。

2007年、14thアルバム「New Maps Of Hell」リリース。

1980.01.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。