09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ブラック・フラッグ (BLACK FLAG) は1976年、南カリフォルニアで結成されたハードコア・パンク・バンド。 Black Flag(黒旗)はアナーキストの象徴。


      a02-BlackFlagFri13th.jpg




メンバーの入れ替わりが激しく、結成から解散までバンドに在籍していたのは、リーダーでギタリストのグレッグ・ギンだけだった。

1981年にブラック・フラッグのファンでもあった、ワシントンD.C.出身のS.O.A(ステイト・オブ・アラート)のVoヘンリー・ロリンズがボーカリストとしてバンドに加入(ロリンズ加入までボーカリストは3回交代しており、その中には後にサークル・ジャークスに参加したキース・モリスがいる)。ロリンズの参加は、東海岸でもブラック・フラッグの名前が知れ渡るきっかけになり、バンドはその頃から活動を活発にしてゆき、ツアーをこなしながら次々とレコードをリリースする。1986年に解散。ロリンズは後にロリンズ・バンドを結成する。

ロリンズの他にも、後期に参加した女性ベーシストキラ・ロゼラー、前期・中期に参加したベーシストチャック・ドゥコウスキーなどが、定評あるメンバーとして知られる。

レコードの多くはギンが設立したインディー・レーベル「SST Records」を通してリリースされた。SSTはブラック・フラッグの作品以外にもミート・パペッツ、ミニットメン、ハスカー・ドゥー、バッドブレインズ、ソニック・ユース、ダイナソーJr.、サウンドガーデンなど、ハードコアや初期オルタナの音源がリリースされており、80年代のアメリカを代表するインディー・レーベルとなった。

なお、『SST』とは『SOLID STATE TUNER』の略である。この名称は、アマチュア無線の愛好家でもあったギンが、ラジオ部品を販売するために設立した会社であったことを示している。この事業でもギンは相応の成功を収めたという。

アメリカ、特にウェストコーストのハードコアシーンに与えた影響は大きく、USハードコアの創始者ともいえる。ただし、一般的なハードコアと違い、ブラック・フラッグの音楽は必ずしもスピードに重きをおかない。また、ブラック・サバスをはじめパンクロック以外の音楽からも影響を受けている。この傾向は特に、ロリンズ加入後(1980年代前半)の曲で顕著である。
ディスコグラフィ

1978 - Nervous Breakdown EP
1980 - Jealous Again EP
1981 - Six Pack EP
1981 - Louie Louie EP
1981 - Damaged
1981 - Licorice Pizza EP
1982 - TV Party EP
1982 - Everything Went Black
1983 - The First Four Years
1983 - My War
1984 - Family Man
1984 - Slip It In
1984 - Keep It In The Family EP
1984 - Live `84
1985 - Loose Nut
1985 - The Process Of Weeding Out EP
1985 - In My Head
1986 - Who's Got The 10½?
1987 - Annhilate This Week EP
1987 - Wasted...Again
1989 - I Can See You EP

1976.01.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。